創世記

 旧約聖書の一番最初に書かれているのは創世記はいくつもの意味を持ちます。

 最初の1~11章までは世界の創造について語られています。アダムとエヴァ、カインとアベル、ノアの方舟等々。
 その神話的モティーフは形を変え、様々な映画にも用いられています。その寓意的なものを読み解くのも映画を観る楽しみの一つと言えるでしょう。

 12章からはイスラエルのルーツについての記述に移ります。アブラハム(エイブラハム)、イサク(アイザック)、ヤコブ(ジェイコブ)など、名称にも馴染みのある人々が登場してきて、彼らによってイスラエル民族が形づくられたことが描かれていきます。

 創世記は神様と人がまだ近しい存在だった時代を描いたもののために、それだけダイナミックな描写が特徴です。その分映画も神話の題材として使われることが多いようです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50




映画
1 1 天地創造
2 18 天地創造
3
4 8 天地創造
5
6 9 天地創造
7
8
9
10
11 9 天地創造
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22 2 天地創造
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50