1.
「連続講解説教」とは説教の方法の一つ。
「講解説教」は最初から定められた聖書箇所を学ぶというもので、教団などから出されている聖書日課に従って聖書箇所を選ぶのも講解説教となる。「連続講解説教」は聖書の福音書なり書簡の一つの書を最初から順番に説教箇所にすることを言う。
それに対して、テーマに沿って聖書箇所を選ぶことを「主題説教」と言う。
2.
「証」とは、自分と神様との関わりを自分の経験を通して話すること。聖書よりも個人的体験を中心に語るのが説教とは異なる点。礼拝では信徒の方が行うことが多い。
3.
ペトロという名前で知られるシモンだが、実際には「岩(ペトロス)」というあだ名。当時の公用語であったアラム語で岩を示す「ケファ」と言われ、仲間内ではこちらの名前で呼ばれることが多かったと思われる。
4.
5.
 

電話でのお問い合わせはTEL.03-3894-7565

〒116-0002 東京都荒川区荒川5-47-4